これならすぐわかんじゃん!はい、ごめんください。

公開前のページ、つまり「下書き」「レビュー待ち」「予約投稿」の状態の投稿記事や固定ページを、ログインしなくても確認できるプラグイン Public Post Preview が超絶ありがたすぎて鼻水でた勢いで日本語化しました。
といっても、元々わかりやすい英語なので、難しい説明は一切ないんですけどね。

公式:WordPress › Public Post Preview « WordPress Plugins

プラグインのインストール方法は省きますが、プラグインをインストールした lang ディレクトリに下記のファイルをアップロードしてください。(.po を同梱していますが、.mo ファイルだけでも OK です。)

Public Post Preview 日本語訳ファイル(2.1.1 対応版)

2013.04.26 追記:2.2はWP3.5以上からの対応となります。

有効にした後、どうしたらいいの?

設定箇所はなく、サイドバーにメニューは出てきません。新規投稿の状態ではまだ使えませんので、投稿編集画面に下記のような項目が表示されます(日本語にした場合)。

新規投稿の時はまだ使えません

この記事が下書きなどで保存されると、下記のように変わります。

下書きになると限定公開できるようになります

あとはチェックを入れると、下記のように表示が変わり、自動的に限定公開できるようになります。プレビュー画面を共有するんだよ、というのがよくわかりますね。

表示されたURLを使ってくだされ

注意その1◇有効期限があります

デフォルトでは48時間に設定されています。これだと短い!もしくは長い!という方は下記のコードを function.php に追記して有効期限を変更することができます。

14日にしたいなら、 60*60*24*14 ですし、12時間にしたいなら 60*60*12 で OK です。

注意その2◇「非公開」では使えません

「非公開」の記事を設定しようとすると、「この投稿はもう公開されてるから使えないよ」的なメッセージが表示されます。使えるのは下書き、レビュー待ち(保留中)、予約投稿 の3つです。
これらの「プレビュー画面」を強制的に公開するプラグインなのですね。

CMS として使うための必須プラグインと言っても過言ではなぁい!(個人的に)

WordPress を CMS として使っていると、確認だけはするけど CMS にログインする程でもない、という場合・・・例えば上司や別部署、お客様や関連他社の確認が必要になることがよくあります。

今までは共通のログイン ID とパスワードを発行して確認していただいていたのですが、「どうやって見るんだっけ?」という問い合わせが多く、そのたびに通達して毎月の恒例行事となっていました。

それが!ログインしなくても閲覧できるので、ユーザーの登録とか ID 管理とかログイン権限とか関係なく、ちょこっと見せたい時にものすごく重宝します。

ワークフロー機能もついていたらいいのかな?とも思いましたが、このシンプルさがありがたいですね。

Twitterはい、ごめんください。
WordPress Advent Calendar 2012 の企画で翻訳について言及している方がいらっしゃったので、途中で投げ出しかけてたプラグインを日本語化して作者の方に送ってみました。

参考:プラグインの翻訳をして作者に送ってみよう! #wacja2012 | notnil creation weblog

追記:2013.01.10

バージョン 4.0.4 が発表されたので日本語化しました。翻訳用にソースを改変しているので、プラグイン用のファイルがまるごと入っています。

Tweet Old Post 4.0.4 日本語対応版(非公式)

— 追記ここまで —

PoEdit のソースから更新機能を使ったら、翻訳箇所を自動的に見つけてくれたのでとっても捗りました!(テキストエディットでちまちま行番号を設定してた→そして投げ出してた)

この記事の執筆時点では 4.0.3 が最新バージョンです。翻訳ファイルが入ってなかったり、翻訳対応箇所が少なかったりしたので、色々弄りました。作者の方にはファイルを送ってあるので公式アップデートがあるといいなあ。

使い方

日本語対応ファイルは 4.0.3 の差分と修正ファイルしか入っていません。
そのため、まずは本体(v4.0.3)をダウンロードして、日本語版のファイルを上書きしてください。

サーバにアップロードするのは、本体と mo ファイルのみで問題ありません(po ファイルは翻訳の元ファイルなので実際には使用しません)。

公式サイト:WordPress › Tweet Old Post « WordPress Plugins

Tweet Old Post 4.0.3 日本語対応ファイル(非公式)

 

そもそも Tweet Old Post ってどんなプラグイン?

過去に投稿した記事を、ランダムに選んで自動でツイートするプラグインです。

  • 設定した過去の期間の投稿記事をランダムでツイートします。
  • ツイートしたくないカテゴリを設定できます。
  • ツイートしたくない投稿も選べます。
  • 短縮 URL サービスを使えます。(でも goo.gl は未対応)
  • 1日に何回ツイートするか設定できます。

CURL(Client URL:外部サイトの情報を簡単に弄れるライブラリ)を使用しているので有効なサーバでないと使えないという難点はありますが。(ロリポップは使えますよ)

文字化けするって噂なんだけど?

要するにマルチバイト言語に対応していなかったことが原因なので、日本語対応した際に条件分岐を入れておきました。mb_strlen という関数があった場合は、そっちを優先するように、など。

作者のサイトには色々要望が寄せられているので、もしかしたら近々アップデートするのかな、とも思っていたのですが、そうなったらまた翻訳しなおしますかねー。

ちなみに作者の方はインドの方。そんなにカレー食べないってホントですか。

Advert

アフィリエイトだけでなく、WordPress を CMS として使っている場合によくあるのが、バナーの掲載。自社他社問わずによくあることかと思いますが、これらのバナーを表示する際にも使えます。

プラグインは下記から。

WordPress › AdRotate « WordPress Plugins

若干無理矢理感が漂ってるので、内部的には0.1版として公開します。

ダウンロード:
AdRotate 3.7.4.2 日本語化ファイル(非公式)

使い方

プラグインフォルダの language に adrotate-ja.mo を入れてあげるだけでOKです。.po は翻訳元のファイルなので、入れても入れなくても良いですよ。

そもそも AdRotate の魅力がよくわからないので三行で

  • テキスト・画像にかかわらず、クリック追跡可能な広告を設定できます。期間設定も可。
  • 広告グループを設定すると、グループ内の広告をランダムに表示できます。
  • 表示回数やクリック数、CTRを管理画面からグラフで確認できます。

広告を運用したいと思っている方には最適のプラグインです。

知ってると便利なこと

  • バナー画像は wp-content/banners に入れておくと、メディアライブラリから選ばなくても良いです。ファイル名を参照するので、わかりやすい名前をつけておきましょう。( campaign-1210_440x80.jpg とか )
  • 広告主をユーザー(購読者でいいはず)として登録しておくと、ログインすれば余計な機能を使わずに、出稿した広告の表示回数やクリック数、CTRを確認できます。
  • 広告を単発で使用(常時表示)したい場合は、グループ化せずに広告 ID のコードを貼り付ければ使えます。

詳しい使い方については、下記のページが参考になるかと思います。

『AdRotate』アフィリエイト広告管理を便利にするWordPressプラグイン | 簡単!3WAYアフィリエイト

WordPressで広告枠を管理するプラグイン「Adrotate」

日本語化について

  • 何かところどころ翻訳がおかしいよ?(文章が前後になってる)
    → 本当は sprintf など使って一連の文章を訳せるといいんですが、部分翻訳しかできないソースなので、ちょっとおかしいところがあるかもしれません。これは作者に伝えて、次回アップデート時には対応してもらいたいところ。
  • いや、それ以前にここの翻訳おかしくない?
    → 見つけていただきありがとうございます。教えてください(土下座)
  • ここは翻訳しないの?
    → プラグイン側からのお知らせや、リンク先が英文になっているところはそのままです。
    部分翻訳になってしまう、リンク先が英文(フォーラムなど)、意図した内容を伝えられないかもしれない、という3つの理由で、訳してはみましたが辞めました。項目として英文が残っているのはソースの対応に不備があるようです。これも伝えておきたいですね。

Mailing Junk back to Junk Mailers

追記 2013.03.08 : 1.9.1 の日本語バージョンを作成しました。

追記 2012.10.09 : 1.8.1 の日本語バージョンを作成しました。

追記 2012.10.03 :  1.7.1となって下記がFixされています。Thanks Peter!


WordPress は標準機能として承認機能があり、「寄稿者」で投稿した記事はすべてレビュー待ち(承認待ち)となります。この承認待ちの投稿があった場合に、メールで通知するプラグインが Peter’s Collaboration E-mails というものです。(日本語翻訳はあったようですが、古くなって更新されていないようです)

via: Version 1.9.1: Peter’s Collaboration E-mails for WordPress | Peter’s Useful Crap
公式: WordPress – Peter’s Collaboration E-mails ≪ WordPress Plugins

ダウンロード:
Peter’s Collaboration E-mails 1.9.1 日本語化ファイル(非公式)

Peter’s Collaboration E-mails 1.8.1 日本語化ファイル(非公式)

Peter’s Collaboration E-mails 1.7.0 日本語化ファイル 1.7.1 で同梱されました。

マルチサイトで動かすには、メインブログのテーブルを参照させる修正が必要でした。今はどうだろう?使ってみて動かない場合は下記を参考に修正してみてください。

参考:WordPress Peter’s Collaboration E-mailsをマルチサイトで動かす – 130単位

また、承認申請メール機能と合わせ、承認時のコメントを残せるプラグインも同じ作者(peter)のサイトにありますので、合わせて使うと良さそうです。

時間があったらこっちも翻訳してみようかな。

Clock

Post Expirator は、WordPress で投稿した記事やページの有効期限を設定できる、結構便利なプラグインです。

WPを構築する制作側だけでなく、構築したWPで更新するお客様側でも使うことの多いプラグインなので、日本語化ファイルを作ってみました。

追記 2013.04.03:バージョン 2.0.1 に対応しました。

ダウンロード: Post Expirator の日本語化ファイル(Version 2.0.1 用)

WPの翻訳ガイドラインには一応目を通して作りましたが、cron絡みのあたりとか、時々変な日本語や意訳しすぎじゃ?というところもあるかもしれませんので、お気づきの方は @mekemoke にご指摘いただけるとありがたいです。

追記:
ちなみに、9時間ずれちゃうよーって方は、

を function.php の先頭に入れるだけで解決します。

さらに追記:
コメントをいただいたとおり、WordPress が UTC を推奨している以上、date_default_timezone_set を安易に使うべきではないようです。上記が一番手っとり早い解決方法で、個人的には問題が起きていないのですが、慎重に対応する必要がありますね。じゃあどうすればいいのかという答えが見つかっていないので、あくまで暫定措置として。
参考:WordPress › フォーラム » WP-Cronが9時間遅れる