07. 1月 2013 · [BOOK] サイトサーチアナリティクス アクセス解析とUXによるウェブサイトの分析・改善手法 はコメントを受け付けていません。 · Categories: ウェブ解析 · Tags: , ,

SSA
あの清水誠さんが監修された本です。ようやく読み終えたのでやっとレビューを書けます・・・内容は、決して上級者向けというわけではないのですが、翻訳本なので(個人的に)読み進めにくかったのです。

今すぐサイト内検索ボックスを入れよう!

話はそれからだ!

1個でも5個でも10個でもデータが集まっていた方が読みやすいので、サイト内検索をできるように、ブログなりホームページなりに設置しておきましょう。善は急げ。設置していない人は、今すぐ設置してください。

どうしたらいいのかわからなければ、Google のサイト内検索ツール(カスタム検索エンジン)を導入してみてください。検索結果を自分で調整できないデメリットはありますが、分析しやすいのでオススメです。

SSA はホームページを使ってくれる人のニーズを理解するための最適な手法

サイトサーチアナリティクス(SSA : Site Search Analytics)は、サイト内検索されたキーワードを分析し、サイト内で求められている情報を理解する手法です。

お店に呼び込むための手法が SEO だとしたら、呼び込んだお客様が何を探しているかを知る手法が SSA です。「何をお探しでしょうか?」と尋ねなくても、訪問者が「これはどこですか?」と聞いてくるのです。しかもそれらをカンタンに分析できるとしたら、活用しない手はないでしょう。

目的とされたものをパターン分けしたり、対象ユーザに基づいて検証してみたり、ゴールに基づいた解釈をしてみたり。そもそも、検索結果がなかった、という事についても理由や状況を知ることで新しい発見があるかもしれません。

検索されたキーワードは、ロングテール分布(ロングテール理論 - @IT情報マネジメント用語事典)になりますが、ショートヘッド(頻出する上位の部分)の分析から行なうことができると考えると、決して難しいものではないことがお分かりいただけるかと思います。

ただ、1章から読むとちょっと大変かもね

SSA の有効性を説いた本なので、最初は「これだけすごいんだよ!」という意気込みは伝わってきますが、普段使い慣れている Google に言及したものではなく、分析も生ログを例に挙げられているので、「検索エンジンを自作してチューニングしなきゃいけない…だと…?」なんて絶望感の方が先に立ってしまいました。

そんなとっつきにくさがあったので、Google Analytics は入れてるよ、これを有効活用できないかな?と思われている方には、最初から読むと心地良い睡眠を誘発するかもしれません。

まず最後の第11章を読んでから、各章のまとめを眺め、第7章で指標のサンプルに鼻息を荒くして(でもこれをこのまま使うとドツボにはまるので注意)、そして気になる章を読んでいくのがいいんじゃないのかなと感じました。

私としては、難しいものではないから、まずはできるところから “データと遊んでみる” ことを、オススメしたいところです。

WordPress の検索フォームがあれば Google のカスタム検索エンジンはいらない?

WordPress を使っている方は、検索機能がついているので「なるほど、これが使えるのね」と思われるかもしれませんが、個人的には、Google に変えたほうが良さそう。という結論です。

というのも、たとえば実際に「jQuery」という単語で検索した際の結果が、Google の方が優れているのです。うちのサイトで WordPress 内の検索を行なうと、画像などのライブラリデータが上位表示の対象となったり、肝心の jQuery 関連の記事が次のページにあったりするからなんですね。

方や、Google はちゃんと jQuery 関係の記事を上位に出してくれて、カテゴリやタグのアーカイブページも提示してくれます。この執事っぷりが UX の違いなんでしょうか。

カスタマイズすれば良くなるのかも知れませんが、手っ取り早く改善したいなら、Google のカスタム検索エンジンに変えたほうが良いでしょう。

これでサイト内検索キーワードのデータが少しでも揃ったら、本を参考に、SSA をお試しください。

はい、ごめんください。

WEB解析 Advent Calendar 2012 : ATNDの4日目、あやうく三日坊主になるところでしたが今日はオススメ書籍の所感です。

上級試験の1日目を過ぎてから購入したのですが、先に買っておけばよかったあああ!!!と激しく後悔して、ようやっと読み終えたところです。

私は気に入った本は教科書のようにしてしまうタイプの人間なので、さっそく栞とか蛍光ペンのマーカーとか入ってます。

「入門」と銘打ってありますが、それはおそらくこの本が「成功法則の発見方法」と、若干遠回りに思える内容だからなのかもしれません。でも、入門と言うよりは「これが基礎だから、しっかり固めておくべきだよ、大事なことだから何度も言うよ」という心の声が聞こえました。

著者の江尻さんは、ウェブ解析士という資格を作った、言ってしまえば「ご自身の経験からちゃんと稼げる(≒ビジネスに成果を与える)ためのホームページの運用方法」を体系立てた方。

今まで「デザインや使い勝手を向上すれば売上にも貢献するはず」「間違ってはいないだろうけど、本当にそれだけでいいの?」という独学でウェブをやってきた自分の疑問を解消できたのがこの資格です。

ちなみに、WEB解析アドベントカレンダーにも参加していただいてます。なんていうか、お酒が大好きで、呑み会が大好きで、宴席が大好きで、とってもフレンドリーな方というイメージが強いです(まちがっては…いないはず…)。

そんないい本なら、なんで最初に読んでおかなかったの?

「KPI」って言葉がピンと来なかったんですよ。上級で習うヤツだし、なんか難しそうだな〜と。しょっちゅう見かけるのに、何度も意味を確認して、「じゅうようぎょうせきひょうかしすう・・・」とか呪文のように呟いていました。なんとなく意味はわかるけど、それが結局何なのか、ぼやけている状態。

だからとある方のブログで、上級試験のために購入してみましたって言葉に本を思い出して、ポチってみたのです。

KPIって言葉がわからなくても全然問題ない!

この本のオモシロイところは、喩え話や経験談(実例)が豊富に載っているところ。成功事例もありますが、失敗事例の方が多いようにも思えました。「失敗ということはなく、この方法は違うという事例を得た」という言葉をどこかで見かけた(エジソン?)のを思い出しました。

上級講座を受けて認識が深まったというのは少なからず大きいので、「ああ〜、なるほどな〜、こういうふうに考えてこんな風に使えばいいのか。あのお客さんだったらこんな感じかな〜」と、色々妄想しながら読んでいました(だから読了が遅い)。

私にはとてもしっくり来ましたが「成果を出すったって、そんなもん難しいし時間かかるし無理でしょ…顧客だってそんなに体力あるところじゃないよ。理想論でしかない」と思う方とっては、たぶん不要な本でしょう。個人的には、そういう考えに縛られて行動しないのはもったいないな、とも思うのですが。

ノウハウとして出されていないのは、「顧客によって同じ KPI が使えるとは限らない」から。顧客と共感していく中で、見出すものだと私も思います。色々な顧客の夢を共有して、成功に導いていく。言うのとやるのじゃ雲泥の差があるにしても、すごくワクワクすることだと思いませんか。

中身をチラ見したい?したいよね?

すんません、自分がタイトルだけでちょっと引いてしまっていたので、目次だけ引用させてもらいます。

第1章 ウェブマーケティングで成功するたった一つの方法

1-1 あなたのウェブが失敗するたった一つの理由
1-2 なぜ日本企業はウェブサイトに無駄金を払い続けるのか
1-3 マーケティングを博打にしてはいけない
1-4 豆腐屋さんは、なぜ収益を伸ばしたのか
1-5 分析から顧客の声を聴き、事業に生かすこと(〜 1-10 まで)

第2章 収益を生むための事前準備

2-1 KPI は差別化を意識して作る
2-2 データを見る前に信頼を得る
2-3 事業計画とウェブマーケティング計画をKPIで連結する
2-4 KGI は「想い」を「数値」に乗せること
2-5 KGI から KSF と KPI を決める (〜 2-9 まで)

第3章 実践的な KPI の決め方、設定の仕方

3-1 目標から自分で KPI を定めていますか?
3-2 4つの落とし穴を避け、KPI をうまく設定する方法
3-3 見る人の焦点に合わせてレポートを作る
3-4 コンバージョンの測定範囲を見直す
3-5 事業におけるウェブの役割を見直す(〜 3-15 まで)

第4章 KPI を上手に運用するには

4-1 直帰率を確実に下げる方法
4-2 セオリーマーケティングでは勝てない理由
4-3 KPI が、組織のウェブ活用普及を促す理由
4-4 レポートの厚みで分析を評価するのはやめませんか
4-5 レポートの精度より頻度を増やす(〜 4-11 まで)

繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践 より抜粋

若干省いて掲載しましたが、これで雰囲気は伝わるかなと。上級を目指している、目指そうかな〜と思っている方は、まずは書店で手にとって、第1章だけでもパラパラ見てみることをオススメします。

もちろん、amazonでも買えますよ!

25. 9月 2012 · [WACA] ウェブ解析士の関連書籍が届きました はコメントを受け付けていません。 · Categories: ウェブ解析 · Tags: , ,

最近ウェブ解析士のツイートでやたら熱くなっている@mekemokeです、こんばんは。

ウェブ解析士というなにやらカッコヨサゲ(だってサムライつくんだよ!?)な資格については、本部のサイトを見ていただくのが一番かと。

ウェブ解析士認定講座・検定 | 初級・上級・マスター3つの資格を用意

テキストが届いたので、1か月後の試験に向けて予習中。もうね、楽しくってwktkが止まらない。数字苦手だと思ってたのに克服できるかもしれないと淡い期待すら抱くよ。
勢い余って、普段は書かないアマゾンのレビューまで書く始末。そしてすでに参考になったと頂いて嬉しい限りです。

うわあ…画像表示されないお…

ウェブ関係の仕事に携わる人なら、初級は割と楽に取れる内容だなと思います。サーバやユーザビリティーとかログとかその辺の事+略語に慣れればいいだけなので。

ただ、面白いのは知識だけじゃなくて、知識として収集できるデータの使い方と、それの活かし方を学んで利用してみんな幸せになろうよ!というもの。だから初級のあとの上級が楽しみなのです。

・・・たっかいけどな!!

初級でもテキスト4,200円+講習込の試験は16,800円。そして合格後の認定料に10,500円・・・上級は講習+試験で80,000だったか・・・。
有料会員という年会費6,300円もありましてね。これは無料会員もあるんですけど。

高いよ。高いよね。
でもまあ、他にも高い試験ってあるし、できたての資格だし、お金も必要だろうし、サポートしていきたいし、仲間になりたいし、資格とれれば取り返せるくらいの資格だし!とか思うわけです。投資です、投資。

ウェブ解析士って、要するにコンサルタントの職種(何度打ってもころセンセーの方が出るうちのキーボード)になるわけなので、コンサルって高い!ってイメージがあるので、そりゃ金額的には儲かるように見えるかもしれません。
そういうわけで資格取得にかかった分の元は取れるかと思いますが、そういうこと以上に、信頼が一番の仕事だと思うんですよね。

だから知識もさることながら、たくさん経験積んで、信頼されるウェブ解析士になるのが一番の目標です。

上級では実践的な内容もあるというので、マーケティングについても基礎は知っておこうと思って、下記の本も購入。

もともとは、2009年のweb担で連載していたものの書籍化。ちょっと古いけど今でも十分通用する内容だと思います。基礎は変わらないってことかな。

Impress Japan: マンガでわかるWebマーケティング -Webマーケッター瞳の挑戦!-

上のリンクでも読めますが、漫画の部分だけざっと流し読みしただけでもモチベーション上がりました。大変だけどやりがいがある。ウェブ解析士はウェブマーケターの一員なので、まさにこんな感じ。(でもウェブ解析士になって、忙しすぎて家庭崩壊とかやらかしたら洒落にならんw)

ちなみにこの漫画の作者の方、あのスーパーリアルRPGや某有名心療内科のイラスト担当している方なんですよね。どこかで馴染みがあると思ったら・・・!

そしてもう一冊。

出たばかりの新刊です。
仕事用のカバンに入れて帰ってきたままほくほくしてました。

ところで今日の夕方、チビ娘3歳がカバンからiPadを勝手に出してアプリやらせてとせがんできたんですよ。やることやってからやらせてるけれども、6歳の兄貴とは違って、魔の3才児とは毎日同じ事繰り返してます。だからやることやってからね、てか振り回すな!と言って布団敷こうとしたところ、なにやらガサガサと・・・

嫌な予感が当たって、ケースが付いてて滑りにくいiPadは、あろうことか本の表紙ごとバッグの奥へ押しやられ、本のカバーと表紙は無残な状態に・・・

思わずふじこってしまったものの、3才児を相手に怒るわけにもいかず、意気消沈してアイロンかけて、更に悪化したのを何とか伸ばして、只今積まれたジャンプの間に挟まれています。

レビューでは本当に初心者向けとからしいので、テキストがあれば無理して買うこともなかったのかな?と思うので、なおさらカバーに傷がついたのが惜しい・・・orz

まあ、数日後に読んでみます。

そんなわけで、ウェブ解析士の初級資格試験を勉強中。Ankiでカードでもつくろうかなと思ったけれど、意外といけるのでいらんかも、と思った今日この頃。

ちなみに、ブラウザ閉じればセッションきれるけど、タブを閉じても切れますよね?