08. 11月 2014 · [WP] Search Regex でカスタム投稿タイプを対応させる方法 はコメントを受け付けていません。 · Categories: WEB制作 · Tags: , ,

ご無沙汰してます。ガッツリ制作シーズンに入った小杉です。

やー、レスポンシブサイトは Rootstrap を親テーマにして改造するとめちゃくちゃ速いということがわかりました。

それは置いといて。

 

文字列を置換できるプラグイン、Search Regex

/Everybody stand back/

Search Regex ってプラグイン。便利ですよね。

WordPress コンテンツ内の文言を検索したり、置換したりできるプラグインです。

公式サイト:WordPress › Search Regex « WordPress Plugins

ただ、更新が滞っているので若干心配ではありますが。

 

ローカル環境から本番環境に移行する際、エクスポートしたコンテンツのパスが変わるので、それを全部置換したいなと思って。

phpMyAdmin と FTP が使えない状況だったので、管理画面で何とかするしかないわけです。

ちなみに、ローカル環境からエクスポートしたデータはテキストデータなので、それを一括置換してからインポートするという方法もあります。

すっかり忘れてました。

 

まあ、そんなオッチョコチョイさんにもありがたいプラグインが、Search Regex です。

ありがたいんですが、カスタム投稿タイプに対応していないんですよね。

代替プラグインがあるかな〜?と思って探してみたんですが、見つからず。

そんなら、カスタマイズしてしまおうと。

 

ということで、ここからは自己責任です。OK?

中身なら、post_content.php を変えるだけ

plugins/search-regex/searches/ の中身が、検索対象を司っています。

その中に post_content.php があります。

10行目を以下のように変更します。

変更前

変更後

つまり、 AND post_type IN (‘post’,’page’) をカットしました。

カスタム投稿タイプに限らず、すべてを検索対象にしちゃえ!と少々乱暴ですが、意図としてはもれなく確認したいため。ひとつずつでも個別に置換できますしね。

 

同様に、タイトルの全置換は post_title.php かなって思いますよね。

ですが、ここには制限がありませんでした(笑)

タイトルは全部の記事を横断できるんじゃないかなと。

 

念のためバックアップをとっておき、ローカルで確認してから、本番の作業環境で実行しました。

特に問題なくガッと切り替わってくれました。オッチョコチョイさんでもチョチョイのチョイです。

良かったら試してみてくださいね╭( ・ㅂ・)و ̑̑