ameblo2WPコスギスの方に書くようなネタでもないので、こっちに投下。

結論から言うと、ひじょーに使いにくいしこれで有料ツールなのかっていうと首を傾げざるを得ないのですが、コツ(癖)さえ掴めばなんとかなりそうなので、メモ。

1.リスト全取得→画像も取得→MT形式にエクスポート(画像へのリンクは切る)

画像へのリンクが残っていると、結局リンク先が変わるので切っておく。

それでも残ってしまうのはあるのだけど…。

あと、取れない画像があるようですが、今回は大丈夫そうでした。体験版で取れない場合、おとなしくFC2を使ったほうが良いと思います。

2.WPにインポートする前に、必要な物は全て置換する

まず、絵文字はサイズの小さいgifとpngなので、テーマフォルダにでも突っ込んで、パスを正規表現で置換。

過去の絵文字形式のものは、[]の部分を<>に変えておけば表示はされない。

写真等はメディアからアップしておけばいいけれど、大きい物はもうサイズ変更しちゃってからアップして、フルサイズにしたほうが楽。
なので、画像のサイズ指定は置換してすべて取っ払っておく。

フォントサイズが入り組んでいる場合は、3はカット、2以下は83%、4以上は125%とかにしてしまう。

strongとspanをくっつけちゃったけど、閉じタグの関係でfontはすべてspanに置換したほうが楽。

中身が空のタグは、対応できる記事数じゃなければ、見なかったことにしておいたほうが精神的におすすめ。入り組んでなければ正規表現で置換してしまえばOK。

<p>タグは残しておいたほうが良い。もしくは、よくわからない改行は置換してしまう。<br>に頼らない方が良かった。

正規表現使えないと、置換は非常に大変です。

3.mt.txt をインポートして確認する

MT形式のインポートには専用プラグインがあるので、それをインストールしてインポート。

インポート自体はすぐに終わりますが、問題は内部リンクがあった場合…リンク先全部変わってるので。

4.リンク先を変えるのは手作業を覚悟する

ここが一番苦労するところ。カテゴリーへのリンクなら Search Regex とかのプラグインで一括置換できるけれど、過去の記事へのリンクとかが手作業で入っていると、泣けます。

ほとんどのリンクが「こちら」とかでリンクされていて、その先が想像できないと尚更です。

そんなわけで、深夜作業で音楽でも聞きながら、目視確認ついでに編集していくのがオススメです。1記事につき、1〜3分くらいかな。

 

というわけでザックリメモでした。

FC2通すと楽ですよ〜とは聞いたんですが、上記のことどこまでやってくれるんだろう?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA