14. 5月 2013 · 1 comment · Categories: WEB制作 · Tags: ,

ペンギン。はい、ごめんください。
半徹夜状態でSEOの大先生方のやり取りを見てて、wktkしてたので、勢いで記事を書きました。

米Google Matt Cutts、Google 検索アルゴリズムの変更計画の詳細を語る::SEM R (#SEMR)

今後行われるグーグルの検索アルゴリズムの大きな変更(ペンギン・アップデート)は、主に「スパムサイトを駆逐するよ」的な害虫駆除のような印象が強かったので、まあ別に驚くこともないかなと思っていました。

ただ、ユーザーとしていつもの検索画面が変わる部分があったので、メモ。

図らずして記事広告になっていないか見なおそう

記事広告のことをアドバトリアルって言うんですね。ラジオCMでは一般的だなあと思ったので、ちょっとネットとのギャップを感じました。
要するに「ステマ記事」がコレに該当するのでは?と思いまして。その辺ロックオンされたら大変じゃないの?それに近いことをやっている場合も注意しておくことにこしたことはありません。好意で書いた紹介記事がステマと思われたら…困りますね。

ただ、このアドバトリアルの排除は、メディアがメディアとしての健全性を保つためというのが主目的のようなので、一般サイトにも影響すると断定はできません。

それでも対処方法を知って先に手を打っておくことができるなら、それに越したことはないと。

  • PageRank を渡さないようにする(アンカータグに rel=”nofollow” を入れる)
  • 訪問者にそれが広告であることを明示する

この2点に注意しましょう。
ページランクを渡さないようにするというのは、高い方から低い方へ流れる影響が強いので、逆だとあまり意味ないんじゃないかとも。大手メディアが「SEOに効果ある記事を書いてやるから金出しな」ってのを止める目的のようですね。

検索結果の1ページ目に”多様性”を持たせる

これが個人的に一番影響が大きと感じた内容でした。

検索者としては色々なページが見れるのが嬉しく、制作側としては「ああ、もう使えないよね、やっぱりね」というのが正直な感想です。
検索結果の1ページ目に、同じサイト内のページをたくさん表示できるようにすることで、閲覧者に訴求しやすくなっていたのが、基本的には1サイト1枠で、あとはまとめられるようです。
現在のフォーラムの検索結果みたいなものかな?と勝手に推測。

検索結果はフォーラムのようにまとまる?

オーソリティーサイトのことについても記載がありましたが、あくまで「個人的に注意したい」点は以上の2つです。

まあ要するに自分達のサービスや商品に自信がなければ、小手先のことやったって自滅するような時代です。もっと自信を持って地道に改善していくのが一番で、「急がばまわれ」って話です。
即効性を求めてお金を払う余裕があるなら、ランディングページ作ってリスティング広告に力を入れたほうが良いですね。


1件のコメント

  1. ペンギンアプデとSEOの話がタイムラインにあったので、勢いとメモがてらに投下/ブログなう:http://t.co/LufJBhfcQa [SEO] ペンギン・アップデートで一般サイトで気をつけたいところ(個人的に) | @mekemoke

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA