秋葉原で行われたSEOセミナー。会場いっぱいでした。はい、ごめんください。
前の日にウェブ解析士マスターの講座に出席して東京にいたのですが、a2i の特別セミナーが次の日にあると知って、条件反射的に申し込んで参加してきました。(なのに新幹線指定席を前日分で予約してるとか…)

今回、ブログなどへのレポート掲載は歓迎しますと公式にアナウンスが出ているので、a2i セミナーのレポートをまとめてみました。個人的に面白かったところを自分用にまとめたので、順序が違っていたり抜けてるところもありますのでご容赦を。

すべてに共通するポイントは「SEOはユーザーの満足度を上げるもの」

参考:【受付終了】特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」 3/27(水) | アクセス解析の協議会 アクセス解析イニシアチブ
参考:a2iセミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」 – Togetter

第1部は Google ウェブマスターツール(以下WTM)の活用方法を具体的に紹介。古川さん(けんすうさん)が戦略論、辻さんが戦術論というイメージでした。
第2部は Google という会社がどんなことを考えてどんなことをやっているのかの紹介、
第3部はキーワードから導くコンテンツの作り方と事例、といったところです。

第1部
「実例で見る Google ウェブマスターツールを活用した ユーザー中心 SEO の取り組み」

大規模サイトの nanapi ならではの話でした。第一線の方の話は、明日から自分たちの実務に生かせるかというとそう簡単にいくものでもないのですが、とても参考になりましたよ。

参考

膨大なキーワードに対しては優先順位をつけて対応

nanapi は日本を代表する大規模なハウツーサイトです。そのため、自然文による流入もあるのだとか。(「チョコをあげたいけど自信がない場合はどうしたら良いか」的な文章で検索される)
流入キーワードは45万くらいあって、さすがにすべてのキーワードについて最適化することができません。そこで、優先順位をつけたわけです。
具体的な説明は辻さんの担当なので順序が違いますが、WMT を活用した CTR 改善シートが参考になりました(後述)。

ユーザーが探しやすく求めやすいように構造を改善

「寂しい」というキーワードで事例が紹介されていました。色々なシチュエーションが考えられるわけですが、それらのシチュエーションごとにしっかりとコンテンツが用意されているのが nanapi です。
元々は7つのカテゴリに分けていたものを、5000のテーマに細分化し構造化したことでユーザーが探しやすくなりました。(でも、メモに5000万って書いてあるんだけど……万…?)

そのテーマの分け方については、決まったフォーマットがないのでどうやって分けるかが大変だったとのことですが、検索キーワード数と本の目次などを調査して作成し、結果、検索エンジンの上位へ表示されるようになったということです。構造の適正化はもちろん、キーワード密度の関係もあるのかな。

そして検索結果が自動的に表示されるものにはせず、整形し、テキストでの説明も入れて、ユーザーが理解しやすいように徹底。ここは自分のメモがやや違和感あるのですが、この部分(検索結果が自動的に表示)のランディングページは、例えば「LINE」というキーワードで Google などからアクセスされた際に、表示されるページは「LINE」のテーマに関する記事がリストアップされているけれども、「一覧」として出すのではなく「テーマのトップページ」として出したことに意義がある、と解釈。

とことんわかりやすいもの=徹底したユーザー視点

検索エンジンで露出した際に表示される内容、ソーシャルメディアで表示される内容、パンくずで表示されるタイトル、スマホで表示される内容・・・これらをすべて手動で設定したことで、すべてのシチュエーションで最適化されました。
(確か以前けんすうさんがブログで言及されていたような)
(これです → ユーザーのためが最強のSEO!nanapiのSEOで何をしているか – nanapi社長日記 @kensuu

ただ、nanapi の目標は意外とシンプルでした。ユーザーを考えてサービスを作るだけ、という。技術的に具体的なところは、下記の3つ。

1)ユーザーの入力したキーワード(=ニーズ)に合ったページを上位に表示する
2)ユーザーの求めている内容だとすぐに分かるようにする
3)ユーザーにクリックされたページは期待を裏切らないものにする

・・・徹底してますね。曰く、「Google は常にユーザーを見ているので、Google を信頼して一緒にユーザー観点で考える。ユーザーに役立つ物を出していれば Google は認めてくれる」とのことです。

もちろん、それが一朝一夕にできるものではなく、完成もありません。だからそのために PDCA サイクルをこまめに回していくことも必要だということでした。辻さんは、サイクルを回せば回すだけ改善していくと言い切っておられました。

ユーザー中心の効果的な SEO 手法

辻さんの講習は戦術的なところが主でしたが、考え方としても非常に参考になりました。そもそも SEO ってどんなことをするのか。その項目と必要なものは下記のとおりです(SEO の知識・能力は必須)。得意なところを集中して行なうのではなく、バランスを取って全体的にやっていくことが必要でしょうね。

  • マークアップやサイト構成等の修正・・・WEB制作の知識
  • サーバ等記述要件の修正・・・プログラミングに関わること?
  • キーワードマーケティング・・・十分なデータ
  • 検索を踏まえたコンテンツ作成・改善・・・サイトの運用スキル
  • リンクで紹介されやすい状態づくり・・・WEB制作・運用スキル

ここで使うデータは、ユーザーのニーズを探り、ウェブサイトへの満足度を高めるヒントになります。SEO のために必要なデータの取得元ですが、よくある現状は以下のとおり。

  • 検索結果(6割)・・・順位とか?
  • アクセス解析データ(3割)・・・GAとかで見るやつですね
  • GWT(1割)・・・活用されてないっ!

これらの割合を、下記のようにしましょう。

  • 検索結果(2割)・・・気にしてばかりいても仕方ない
  • アクセス解析データ(5割)・・・仮説を立ててしっかり検証!
  • GWT(3割)・・・活用することで更にユーザと強く繋がれるツール

SEO はユーザーのため=サービスにエスコートするためのものなので、SEO の指揮をとるのは、できるだけ社内の意思決定をできる人が望ましいということです。小手先の手法に逃げてしまう事のない、軸をしっかり持ってる人ということですね。

WMT から CTR 改善シートを作る!

面白いのが、上位に表示されてもクリックされない場合。これは WMT から CTR を一覧できるので、優先順位の高い(表示回数の多い)キーワード、かつ、CTR が低いキーワードという視点で見つけることができます。

おそらくユーザーが求めているものではないためと推測できるので、キーワードから仮説を立てて、別のページヘ誘導するようにサイトを改善。こうやってこまめに PDCA を回しているようです。
文章にすると簡単そうですが、優先順位があるとはいえ、膨大なデータに対して施策を行なうのは、普通すぐになんとかできるもんじゃないですよ…!いや、みんなやれないと思ってるだけに、やれる人が成果を出すんでしょうね。

WMT を利用するときに注意したい点

  • Google のパーソナライズに注意
    ・・・検索エンジン結果が人によって変わる場合がある
  • 誘導したいページヘ誘導するように操作するのが基本
  • 定期的に目視確認
    ・・・問題があるか(健康管理)、わかりやすく伝えられているか(改善ポイント)

順位に対してどのように取り組んでいるのか?

これは質問に対する辻さんのコメント。
「検索結果で見ることは不要とクライアントさんにも伝えている。順位を気にするより解析を見るべき。一喜一憂するのではなく大きな変化を見ていく心構えで」

第3部の江沢さんの言葉も要チェック。
数字を見るのではなく、使う人を見るということを忘れずに。

第2部
「ウェブ担当者に知ってほしいホワイトハットSEOの基本と誤解しがちなポイント」

スターターガイド。紙だと親しみがわきます。「white hat」ってそもそもどういう語源なのかなとちょっと調べてみたんですが、「正義の味方」くらいしかわかりませんでしたw 逆の「black hat」が「悪役」という。SEO においては悪役というより犯罪者的なイメージなんですけどね。

グーグルのサーチクオリティチーム所属の金谷さんは、Google ウェブマスター向け公式ブログGoogle ウェブマスター向け公式ヘルプフォーラム の中の人。

今回はホワイトハットSEO、つまり基本に則った堅実な(マジメな)SEO についてのお話です。箇条書きでポイントチェック!

【誤解1】ホワイトハットSEOでは上位表示は難しい?

そもそも検索エンジンばかり見て、上位を狙うことだけ考えていたら、上位に表示されることはありません。上位表示は結果であって目的ではない、くらい考えた方が。
むしろ、ホワイトハットの方が上位に上がったら継続できる可能性が高いというメリットがあります。

【誤解2】ホワイトハットSEOだけでは上位表示できない?

ホワイトハットじゃなきゃ何ですかと。ブラックハット?グレーハット?
小手先の技術に頼って上位表示を狙うとか、そんなリスクを犯す必要はないんです。特にブラックハットはスパムと判断されるので絶対にやめましょう。

ホワイトハットSEOで大切なこと

  • アルゴリズムを分析してイタチごっこしていても仕方ない
  • ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供すること
  • Google がクロールしやすいサイトを作ること
  • Google がインデックスしやすいサイトを作ること
  • WMTが発するメッセージをチェックしよう

オフラインでの評判を高めることも重要

たとえば「地域名+歯医者」で上位表示を狙うということは、リアルでもその地域ナンバーワンを目指すくらいでないといけません。狙ったキーワードで上位表示を狙うということは、これだけの覚悟が必要です。
リアルがしょぼかったり、自社の商品・サービスに自身がないのに、「検索エンジンで1位を取れれば売れるんだ!」と考えるのは本末転倒ですよね。

つまりグーグルが評価しているのはコンテンツ。スターターガイドに書いてある項目をしっかりおさえて、クロールやインデックスされやすいサイトを作りましょう。
スターターガイドはPDFとしてダウンロードできるように公開されています。

参考:検索エンジン最適化 スターターガイド(PDF)

グーグルが色々暴露し始めた

参考:
検索の仕組み – 検索サービス – Google(日本語)
How Search Works – The Story – Inside Search – Google(英語)

グーグルが何をやっているのか、というのが網羅されています。英語版はスクロールで色々出てくるので、見てておもしろいかも。

クロールとインデックス
  1. グーグルボットが巡回して、ユーザーが検索する前に行なっている(30兆ページ超え)
  2. ページとページのリンクを経由して新しいページを発見している。もちろん WMT も有効。
  3. クロールしたページを分類してインデックスを作る。
アルゴリズム
  1. テキストだけでなく、画像で画像を検索したり音声サーチもできる
  2. 入力された情報を手がかりにインデックスから関連ページを探す
  3. 200以上あるランキングアルゴリズムで関連性に伴って優先順位をつける
  4. デバイスに最適化されて表示
スパム対策
  1. アルゴリズムによって自動的に処理されているが、一部手動
  2. 大きな変動があった場合はWMTにメッセージを出している
  3. スパムと判断されてしまったら再審査リクエスト(WMTから)すれば掲載

ユーザーのためのコンテンツをコツコツ作って、ユーザーに認められれば Google にも認められ、更にたくさんのユーザーによって支持されて、コンテンツも良い物になっていく。
ユーザー視点はもちろんですが、自分たちが商品やサービスに自信を持つことが前提条件だなと感じました。

第3部
「検索キーワードからユーザーを描く SEO活用の課題とポイント」

アユダンテの江沢さんは「できるSEO・SEM」の著者のひとり。そして真砂さんは田舎者の私でも聞いたことのある靴下屋さん。サイトをすべてリニューアルした際に本格的に SEO を取り入れた時のお話です。

参考

サイトのタイプとSEO施策

大規模サイト(主に総合EC)= サイトの構造改善に注力すべし

  • 商材が多い=ページ数が増える=ロングテールが狙える
  • 【ポイント】構造認識、URLの正規化、類似ページの精査(順序を変えるページや caronical に注意)、リンク構造、品質(オリジナリティ、自動生成に注意)

商材限定型サイト(主にB2B)= 検索キーワード最適化を徹底すべし

  • 商材が少ないのでビッグ〜ミディアムキーワードを狙う必要がある
  • 【ポイント】キーワード、テーマ性のあるサイト構造、カテゴリ設計、コンテンツ作成

サイト改善前・アユダンテさんによる現状分析と問題点

  • 検索エンジン流入は全体の7割と多いが、その半分はリスティング。新規ユーザーの購入率が低い。
  • オーガニック検索がサイト名や社名関連。一般名称での流入を広げたい。
  • 商品ページへの流入が一桁。
施策前の構造
  • 店舗経験から属性でのカテゴリ分けとなっていた。
  • 人気キーワードが下層に入っていた。
  • アイテムが重複して分散してしまう。
  • 女性が検索してもメンズの5本指がヒットする可能性があった
施策後の構造
  • アイテムからサイトを構成した。
  • 店舗と違ってウェブはユーザーがあらゆるところから来店するという考え方
  • 属性から探すのも残したがメインの導線ではない
  • クロスページを自動で作ってしまうとGoogleに嫌われやすい。
  • ユーザの検索ワードに対してどのページを返すか最適化。

有効なキーワードを増やすためにカテゴリを見直そう

  • 商品を分類するアイテムカテゴリを見直してキーワードを増やした
  • カテゴリの重要なポイント
    • CAT1:最重要ワード
    • CAT2:分類名はキーワードにならないのでページは生成しない
    • CAT3:具体的な色々なキーワードを配置
    • エイリアス:別名機能。複数キーワードの対策にあると便利
  • 重要なキーワードは1カテゴリ1ワード。
  • キーワードからカテゴリをつくる。

SEO にとって一番大切なポイントは「ユーザーニーズとキーワード」

SEO は上位表示ではなく「上位表示を使ったマーケティング」。
ユーザーが何を探し、どんな情報を求め、何があれば買うのか = ユーザー中心のSEO

 

3時間半とは思えないくらいのボリュームでした。まとめるのにもだいぶ端折ってます。ということでまとめのまとめ。

1.ユーザーのためのサイトを作って、 Google WMT でポイントを見つけ改善していこう

2.技術に頼らずホワイトハットなコンテンツを作ろう

3.キーワードに注目してサイトを構造化しよう

とても楽しかったです。講師陣の皆さん、事務局の方々、ありがとうございました!

参考書籍

アユダンテの江沢さん(共著)の本。初心者でも読めます。

けんすうさんがご自身のブログでおすすめされていた本。個人的にはペルソナの方が読みたい。

アユダンテさんのスタッフ(でいいのかな?)による本。すでに絶版…だと…?

個人的にお気に入り。また読み返そう。


12件のコメント

  1. ブログなう:http://t.co/IGIofCxTCg [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました | @mekemoke

    Reply

  2. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました http://t.co/FSNvvOvBFE @mekemokeさんから

    Reply

  3. なるほど、こうやってまとめるのか。勉強になります。 RT: @mekemoke: ブログなう:http://t.co/gHnxhkNRKf [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました | @mekemoke

    Reply

  4. [SEO]メモ。 / “[SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke” http://t.co/TOfDNPUYoG

    Reply

  5. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke http://t.co/ydUtHaArX1

    Reply

  6. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke http://t.co/aDhkMMVnMY

    Reply

  7. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke http://t.co/LKOwECFjZI

    Reply

  8. [*ディレクション] / “[SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke” http://t.co/Lq35UajTDP

    Reply

  9. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke http://t.co/MJXyau2ata

    Reply

  10. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke http://t.co/eDbpM2U8ri

    Reply

  11. “[SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました – @mekemoke” http://t.co/uAMCe0lrpY

    Reply

  12. [SEO] 3/27の特別セミナー「ユーザー行動から取り組むSEO」に参加してきました http://t.co/OlaN7k5uj5 @mekemokeさんから

    Reply

  13. Pingback: サイト構造化とコンテンツの関係 | Re:very

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA