これならすぐわかんじゃん!はい、ごめんください。

公開前のページ、つまり「下書き」「レビュー待ち」「予約投稿」の状態の投稿記事や固定ページを、ログインしなくても確認できるプラグイン Public Post Preview が超絶ありがたすぎて鼻水でた勢いで日本語化しました。
といっても、元々わかりやすい英語なので、難しい説明は一切ないんですけどね。

公式:WordPress › Public Post Preview « WordPress Plugins

プラグインのインストール方法は省きますが、プラグインをインストールした lang ディレクトリに下記のファイルをアップロードしてください。(.po を同梱していますが、.mo ファイルだけでも OK です。)

Public Post Preview 日本語訳ファイル(2.1.1 対応版)

2013.04.26 追記:2.2はWP3.5以上からの対応となります。

有効にした後、どうしたらいいの?

設定箇所はなく、サイドバーにメニューは出てきません。新規投稿の状態ではまだ使えませんので、投稿編集画面に下記のような項目が表示されます(日本語にした場合)。

新規投稿の時はまだ使えません

この記事が下書きなどで保存されると、下記のように変わります。

下書きになると限定公開できるようになります

あとはチェックを入れると、下記のように表示が変わり、自動的に限定公開できるようになります。プレビュー画面を共有するんだよ、というのがよくわかりますね。

表示されたURLを使ってくだされ

注意その1◇有効期限があります

デフォルトでは48時間に設定されています。これだと短い!もしくは長い!という方は下記のコードを function.php に追記して有効期限を変更することができます。

14日にしたいなら、 60*60*24*14 ですし、12時間にしたいなら 60*60*12 で OK です。

注意その2◇「非公開」では使えません

「非公開」の記事を設定しようとすると、「この投稿はもう公開されてるから使えないよ」的なメッセージが表示されます。使えるのは下書き、レビュー待ち(保留中)、予約投稿 の3つです。
これらの「プレビュー画面」を強制的に公開するプラグインなのですね。

CMS として使うための必須プラグインと言っても過言ではなぁい!(個人的に)

WordPress を CMS として使っていると、確認だけはするけど CMS にログインする程でもない、という場合・・・例えば上司や別部署、お客様や関連他社の確認が必要になることがよくあります。

今までは共通のログイン ID とパスワードを発行して確認していただいていたのですが、「どうやって見るんだっけ?」という問い合わせが多く、そのたびに通達して毎月の恒例行事となっていました。

それが!ログインしなくても閲覧できるので、ユーザーの登録とか ID 管理とかログイン権限とか関係なく、ちょこっと見せたい時にものすごく重宝します。

ワークフロー機能もついていたらいいのかな?とも思いましたが、このシンプルさがありがたいですね。


2件のコメント

  1. Public Post Preview 日本語訳ファイル のリンク先が間違ってるぽいです。

    Reply

  2. Pingback: [WordPress]公開前の内容確認に!ログインなしで記事の下書きを共有できるプラグイン『Public Post Preview』|ウェビメモ

  3. Pingback: 下書き状態の記事をログインなしで限定公開できるプラグイン「Public Post Preview」 | web sign*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA