はい、ごめんください。ひじり@雪国のウェブ解析士です。

ここ数日ぐったりして Advent Calendar を落とすどころか、ツイッターも見ていませんでした。と言っても、仕事も楽しんで、家庭も楽しんで、ネットも楽しみたい欲張りなので、気を取り直して浮上します。
WEB解析 Advent Calendar 2012 18日目の記事です。

追記:2012/12/19

GAならアドバンストセグメント「直帰以外の訪問」もオススメ
更に周辺情報も加えて提案すると説得力、納得感が増しますね。

と、ウェブ解析士協会の江尻さんからコメントをいただいたので、6. を追加しました。

さて先日、リニューアルのご相談をいただきました。

何も考えなければ営業担当が先方の話をハイハイと伺って、「じゃ、この金額でできますよ」と見積りを出す流れが少なくないのですが、雪国のウェブ解析士を名乗るからには、それで終わらせるわけには行きません。

先方は「今あるコンテンツを整理したい」(リニューアル時にはよくあることですね)というご要望があるので、実際の利用者の動向を踏まえつつ、アクセス解析から現在のニーズを調べることで、優先させられるコンテンツを提案することにしました。

アクセス解析の目的と確認ポイント

今回は現在のニーズを調べます。ついでに、現状がわからなかったので、サイト全体の直帰率や離脱率、平均PVなどをざっと確認しました(これはデータの海にハマリかねないので普段はしないほうが良く、項目を決めてちゃんと定点観測しておくべきです)。

ニーズを調べるには、下記のような項目が参考になります。もちろん、状況によってはこれに限りません。

1. PV数の多いページはどこか?

言わずもがな、需要の高いページです。
サイト全体の場合と、最初に表示するページ(ランディングページ)の場合を確認しておきましょう。
それぞれに違いが出たら、どうしてその違いが出たのか考えてみます。

2. コンバージョンのページに遷移しているページはどこか?

お問い合せや資料請求など、コンバージョンのページに遷移しているページを調べます。
実際に送信されてくる問い合わせなどのメールが少なくても、何らかの意図を持ってそれらのページにアクセスしたわけですから、その前のページがコンバージョンを喚起している可能性があります。

3. 新規訪問の割合別に、直帰率が低く、訪問別PVが高いキーワードはどれか?

1回の訪問でホームページ内を回遊するということは、その分興味があるということ。
意図しないキーワードで訪問別PVが多いキーワードは、ニーズを探れる宝箱です。
新規訪問の割合が高いキーワードは新規顧客獲得のヒント、逆に低いキーワードはリピーターへリーチできるヒントがありそうですね。

4. 直帰率、離脱率の高いページはどこか?

現状改善のヒントとして、直帰率や離脱率の高いページがどのページかを把握しておく必要があります。値が高いことを問題にするのではなく、それらのページで何が起きているのか?を考えます。

5. モバイルの場合とモバイルを抜いた場合とでは上記の違いがあるか?

パソコンとモバイルでは使っている状況が違うので、モバイル用サイトを最低限のコンテンツにする場合は、特に把握しておく必要があります。
違いがある場合は最適化する余地に気づくことができますね。

また、デザインや対応端末の判断のために、ガラケーの使用率や現在の対応ブラウザのシェアを見ておくといいですね。

6. アドバンスセグメントで「直帰以外の訪問」のみに制限してみる

つまり、1ページ閲覧しただけで帰ったユーザではなく、複数ページを閲覧したユーザのみを対象にして絞り込むわけです。そうすると、サイト自体に興味を持っている(可能性が高い)ユーザのアクセス状況がわかるわけですね。

ちなみに、新規のお客様にいきなり「アクセス解析データを見せて下さい!」と言うのはいくらなんでも無謀なので、せめてリニューアル前に現状把握のためのアクセス解析を入れてもらうこと、データがあるとこんなことがわかることなどをお伝えしたほうがよろしいかと思われます、はい。


2件のコメント

  1. GAならアドバンストセグメント「直帰以外の訪問」もオススメ RT @mekemoke: ブログなう:http://t.co/2sBqw4Za ウェブ解析のデータからリニューアルの提案をしよう | @mekemoke

  2. コメントいただいたので追記~/http://t.co/FbKr8Nmz ウェブ解析のデータからリニューアルの提案をしよう | @mekemoke