はい、ごめんください。

WEB解析 Advent Calendar 2012 : ATNDの4日目、あやうく三日坊主になるところでしたが今日はオススメ書籍の所感です。

上級試験の1日目を過ぎてから購入したのですが、先に買っておけばよかったあああ!!!と激しく後悔して、ようやっと読み終えたところです。

私は気に入った本は教科書のようにしてしまうタイプの人間なので、さっそく栞とか蛍光ペンのマーカーとか入ってます。

「入門」と銘打ってありますが、それはおそらくこの本が「成功法則の発見方法」と、若干遠回りに思える内容だからなのかもしれません。でも、入門と言うよりは「これが基礎だから、しっかり固めておくべきだよ、大事なことだから何度も言うよ」という心の声が聞こえました。

著者の江尻さんは、ウェブ解析士という資格を作った、言ってしまえば「ご自身の経験からちゃんと稼げる(≒ビジネスに成果を与える)ためのホームページの運用方法」を体系立てた方。

今まで「デザインや使い勝手を向上すれば売上にも貢献するはず」「間違ってはいないだろうけど、本当にそれだけでいいの?」という独学でウェブをやってきた自分の疑問を解消できたのがこの資格です。

ちなみに、WEB解析アドベントカレンダーにも参加していただいてます。なんていうか、お酒が大好きで、呑み会が大好きで、宴席が大好きで、とってもフレンドリーな方というイメージが強いです(まちがっては…いないはず…)。

そんないい本なら、なんで最初に読んでおかなかったの?

「KPI」って言葉がピンと来なかったんですよ。上級で習うヤツだし、なんか難しそうだな〜と。しょっちゅう見かけるのに、何度も意味を確認して、「じゅうようぎょうせきひょうかしすう・・・」とか呪文のように呟いていました。なんとなく意味はわかるけど、それが結局何なのか、ぼやけている状態。

だからとある方のブログで、上級試験のために購入してみましたって言葉に本を思い出して、ポチってみたのです。

KPIって言葉がわからなくても全然問題ない!

この本のオモシロイところは、喩え話や経験談(実例)が豊富に載っているところ。成功事例もありますが、失敗事例の方が多いようにも思えました。「失敗ということはなく、この方法は違うという事例を得た」という言葉をどこかで見かけた(エジソン?)のを思い出しました。

上級講座を受けて認識が深まったというのは少なからず大きいので、「ああ〜、なるほどな〜、こういうふうに考えてこんな風に使えばいいのか。あのお客さんだったらこんな感じかな〜」と、色々妄想しながら読んでいました(だから読了が遅い)。

私にはとてもしっくり来ましたが「成果を出すったって、そんなもん難しいし時間かかるし無理でしょ…顧客だってそんなに体力あるところじゃないよ。理想論でしかない」と思う方とっては、たぶん不要な本でしょう。個人的には、そういう考えに縛られて行動しないのはもったいないな、とも思うのですが。

ノウハウとして出されていないのは、「顧客によって同じ KPI が使えるとは限らない」から。顧客と共感していく中で、見出すものだと私も思います。色々な顧客の夢を共有して、成功に導いていく。言うのとやるのじゃ雲泥の差があるにしても、すごくワクワクすることだと思いませんか。

中身をチラ見したい?したいよね?

すんません、自分がタイトルだけでちょっと引いてしまっていたので、目次だけ引用させてもらいます。

第1章 ウェブマーケティングで成功するたった一つの方法

1-1 あなたのウェブが失敗するたった一つの理由
1-2 なぜ日本企業はウェブサイトに無駄金を払い続けるのか
1-3 マーケティングを博打にしてはいけない
1-4 豆腐屋さんは、なぜ収益を伸ばしたのか
1-5 分析から顧客の声を聴き、事業に生かすこと(〜 1-10 まで)

第2章 収益を生むための事前準備

2-1 KPI は差別化を意識して作る
2-2 データを見る前に信頼を得る
2-3 事業計画とウェブマーケティング計画をKPIで連結する
2-4 KGI は「想い」を「数値」に乗せること
2-5 KGI から KSF と KPI を決める (〜 2-9 まで)

第3章 実践的な KPI の決め方、設定の仕方

3-1 目標から自分で KPI を定めていますか?
3-2 4つの落とし穴を避け、KPI をうまく設定する方法
3-3 見る人の焦点に合わせてレポートを作る
3-4 コンバージョンの測定範囲を見直す
3-5 事業におけるウェブの役割を見直す(〜 3-15 まで)

第4章 KPI を上手に運用するには

4-1 直帰率を確実に下げる方法
4-2 セオリーマーケティングでは勝てない理由
4-3 KPI が、組織のウェブ活用普及を促す理由
4-4 レポートの厚みで分析を評価するのはやめませんか
4-5 レポートの精度より頻度を増やす(〜 4-11 まで)

繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践 より抜粋

若干省いて掲載しましたが、これで雰囲気は伝わるかなと。上級を目指している、目指そうかな〜と思っている方は、まずは書店で手にとって、第1章だけでもパラパラ見てみることをオススメします。

もちろん、amazonでも買えますよ!


2件のコメント

  1. 初めまして、@mekemokeさん

    ウェブ解析の情報を検索していてこのページにたどり着きました。

    豪雪地帯のウェブ解析士って言った下りにも共感を得ましたが、何よりも内容が良いですね。

    12月5日に自分も初級ウェブ解析に合格して只今上級を目指して勉強中です。

    良い資料(テキスト含む)など探していた所でしたので、思わず紹介されていた

    『繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践』

    のリンクから購入させて頂きました。

    またチョイチョイお邪魔するかも知れません。

    宜しくお願いいたします。

    ちなみに自分の出身地は新潟でやはり行き深い土地です。

    それではまたです。

    • 林さん
      はじめまして、コメントありがとうございます!
      数日間多忙&疲労&ネタ切れでなかなか書けなかったのですが、
      いただいたコメントでやる気をいただけて、こちらこそ感謝です。

      そして初級合格おめでとうございます。上級は楽しいですよ~
      ウェブ解析士の勉強がしっくりこられたのなら、この本は本当にオススメです。
      上級の事前学習用のテキスト代わりにも良いと思います。

      新潟はこの間から多少落ち着いていますので、だいぶ過ごしやすいです。
      上級試験、がんばってください(^-^

  2. Pingback: 新潟(長岡)で初級ウェブ解析士認定講座を開催しました - コスギス|新潟県長岡市のウェブ解析士×WordPressでサイト構築