2012/12/4 追記 :
【認定番号:WAC21212957】として、事務局から上級ウェブ解析士の合格通知を無事受け取りました!
(イケメンw)後藤先生、ありがとうございましたー!

1日目のレビューはこちら↓
[WACA] 上級ウェブ解析士の講座を受けてきました | @mekemoke

上級ウェブ解析士の認定は、下記のような流れになっています。

事前課題(採点対象にはならないけれど、やっておくべき)

1日目:講義(5時間で座学とチームでの演習)と課題(2問のレポート作成:採点対象)

2日目:課題提出(1枚はチームで互いに提案しあう)と講義と本試験(筆記試験)

1日目に戦略を、2日目に戦術を学びます。初級の知識がつながったな~と思ったのは2日目でした。

上級試験で必要なもの、あるといいもの

コレは必須だな、コレがあって良かったな、と思ったものを挙げます。

  • 【必須】電卓・筆記用具
    試験で使うので必須です。ちなみにボールペンでもOKだったようです。シャーペンしか使いませんでしたが、消しゴムも使いませんでした!(消してる時間がもったいないぃぃぃ!!)
  • 【必須】Microsoft Excel
    課題を解くために必要です。今後、計画書を作る際にも必要になるでしょう。
    単純な計算式を使うので、Google のスプレッドシートでも対応できるっちゃできるでしょうが、今後のことを考えるとやっぱり必須。
  • 【推奨】ネットプリントサービスの登録
    計画書は非常に細かいので、A3サイズを出す必要があります。家庭用だとA3は出せないので、PDFにすればセブン・イレブンのネットプリンタで出力できます。→ 参考:ネットプリント
  • 【推奨】蛍光ペン
    これは一番学習しやすい方法でいいのですがw、印刷されてファイリングされた手作り感たっぷりのテキストを使用するので、蛍光ペンがあるとマーカーしやすいなあと思ったのです。まあ、2日目にも忘れて、会場に来て思い出したんですけどね。
  • 【推奨】繁盛するWebの秘訣「ウェブ解析入門」 ~Web担当者が知っておくべきKPIの活用と実践
    上級で学ぶKPIがイマイチピンとこなかったので、気になっていた書籍でもあったため、購入しました。本の感想はまた後日のネタにまわしますが、学習内容をより実践的に考えられるのでオススメです。モチベーションも上がります。
  • 【推奨】初級テキストの復習
    特に広告効果測定の単語(CPA とか CTR とか)はもう一度確認したほうがいいかもしれません。略語の意味をなんだっけなーって思い出しておくのも大事ですが、「コンバージョン率(Conversion Rate)」は「CVR」と書いたほうが筆記時間が短くなるのです。

1日目に出される課題は計画書とコメント作成

1問目はウェブマーケティングの計画書を作るのですが、最低限必要な2つのポイントが達成されていれば得点となります。
残りの半年分を埋めて黒字にする計画書をつくるのですが、もう、どこから手をつけていいのやら…と。
講義の内容を見なおして、エクセルのシートをコピーして、おそるおそる数字を入れてみました。

シートをコピーしては調整、シートをコピーしては調整、を繰り返したところ、最終月を前に目標達成してしまったので、最終月は二倍の目標金額を設定してしまったり。遊びすぎたかなあと思ったんですが、数値に無理がなければ達成できてしまうのでまあ、いいのかな?

2問目はウェブ解析士にとって重要な仕事である、顧客に説明できるコメントを行なうこと。気分は探偵です。「ここはこうだから、こうだな・・・こうするといいんじゃないかな?」と、データからどれだけ気づけるかがポイントのようです。

時間もかかったし正答はわかりませんが、とにかく楽しんで解くことができました。おそらく、これらを「楽しい」と思えることが、ウェブ解析士の資質なんじゃないかなあと勝手に思ったりしていますw

2日目はマーケティング計画書を相手に見せるよ

作った課題の計画書を、2~3人のチームでお互いにコンサルティングしあいます。戦術を知らない状態でレポートを作成するわけなので、作り方はまったく違うわけです。「こういう作り方もあるのか~」と、とても参考になりました。

ポイントをおさえてあれば得点となるので、作り方の正解はないのですが、「こういうふうに計画を立てると現実的」というのはあるようですね。マスター試験で鍛えられれば、自分で最適な方法を見つけられそうです。

戦術を知ったら最後に筆記試験

基準値を元にした分析方法などを知り、「ここは暗記!」という箇所は休み時間中にノートにガリガリ書き出しました。基準値は日常業務に使えるので覚えておく必要がありますが、覚えにくかった部分について、私なりの覚え方をここでちょろっとお伝えします(上級受けるときに思い出せば使えるかも?)。

  • ◎と○ → 合わせて100%
  • 「閲覧開始」は「流入」と覚える(紛らわしいものは言葉を変える)
  • トップページ=玄関てことは、そんなにない(数値を自分なりに解釈)
  • ヤフーの新規流入比率は同じ(日本語の意味ではなくあくまで”数値の覚え方”としての言葉)

筆記試験といっても、文章を書くのは1~2割くらいで、あとはすべて正誤問題です。1日目と2日目の内容をある程度自分のものにしておけば、課題レポートの採点結果を信じて筆記試験に望みましょう。

試験は・・・・・・本当に、時間なくなりました。正直足りませんでした。見直す時間なんてないので、文章問題や計算せずに○×を付けられる部分は、先に全部やってしまいましょう。○×も行き詰まったら記憶を頼りに直感で答えておき、時間があれば見直したほうがいいです。でも問題用紙をめくるのにアタフタしたりして、余計混乱してしまったところもありました。2日目にやった部分から答えても良かったのかな…。

合格ラインは7割くらいだそうなので、課題レポートが5割だとすれば、筆記は2割がんばればなんとかなると思います。(2012/12/5 修正 : 課題レポートとは別に、筆記試験で7割必要です)
試験のための資格ではないので「なんとかなる」って言葉も変なんですが、1日4万という高いお金をかけているので、まあなんとかしたいところではありますよね。

ただ、文章の記述があるというのは、色々な考え方があるとも考えられます。素っ頓狂な回答さえしなければ、△くらいはもらえて・・・るんじゃないかと信じたい・・・。

合否は一週間後に通知されるとのことです。再受験は税込21,000円で受けられます。

ちなみに、一人だけ遠方から来てたのと、試験終わった開放感を味わいたくて、6名の受講者の方々+講師の先生で懇親会を開きました。どういう経緯でウェブ解析士を目指したのか、とかこういう内容はいいよねとか、こういうことってないんですか?とか、色々な質問が交わされてすごく楽しかったですよ。

さて、全く受かる気がしなかった2日目でしたが、終わったことをぐだぐだ後悔しても仕方ないので、今度はGAIQの勉強でもしていよう。

WEB解析 Advent Calendar 2012 : ATND の3日目の記事でした。


2件のコメント

  1. ウェブ解析が楽しめること、ワクワクできることが大事ですね♪ RT @strive: RT @mekemoke: ブログなう:http://t.co/GITLl3fz [WACA] 上級ウェブ解析士の講座を受けてきました(2日目) | @mekemoke

    Reply

  2. [WACA] 上級ウェブ解析士の講座を受けてきました(2日目) http://t.co/iJhBaNJC via @mekemoke

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA