Advert

アフィリエイトだけでなく、WordPress を CMS として使っている場合によくあるのが、バナーの掲載。自社他社問わずによくあることかと思いますが、これらのバナーを表示する際にも使えます。

プラグインは下記から。

WordPress › AdRotate « WordPress Plugins

若干無理矢理感が漂ってるので、内部的には0.1版として公開します。

ダウンロード:
AdRotate 3.7.4.2 日本語化ファイル(非公式)

使い方

プラグインフォルダの language に adrotate-ja.mo を入れてあげるだけでOKです。.po は翻訳元のファイルなので、入れても入れなくても良いですよ。

そもそも AdRotate の魅力がよくわからないので三行で

  • テキスト・画像にかかわらず、クリック追跡可能な広告を設定できます。期間設定も可。
  • 広告グループを設定すると、グループ内の広告をランダムに表示できます。
  • 表示回数やクリック数、CTRを管理画面からグラフで確認できます。

広告を運用したいと思っている方には最適のプラグインです。

知ってると便利なこと

  • バナー画像は wp-content/banners に入れておくと、メディアライブラリから選ばなくても良いです。ファイル名を参照するので、わかりやすい名前をつけておきましょう。( campaign-1210_440x80.jpg とか )
  • 広告主をユーザー(購読者でいいはず)として登録しておくと、ログインすれば余計な機能を使わずに、出稿した広告の表示回数やクリック数、CTRを確認できます。
  • 広告を単発で使用(常時表示)したい場合は、グループ化せずに広告 ID のコードを貼り付ければ使えます。

詳しい使い方については、下記のページが参考になるかと思います。

『AdRotate』アフィリエイト広告管理を便利にするWordPressプラグイン | 簡単!3WAYアフィリエイト

WordPressで広告枠を管理するプラグイン「Adrotate」

日本語化について

  • 何かところどころ翻訳がおかしいよ?(文章が前後になってる)
    → 本当は sprintf など使って一連の文章を訳せるといいんですが、部分翻訳しかできないソースなので、ちょっとおかしいところがあるかもしれません。これは作者に伝えて、次回アップデート時には対応してもらいたいところ。
  • いや、それ以前にここの翻訳おかしくない?
    → 見つけていただきありがとうございます。教えてください(土下座)
  • ここは翻訳しないの?
    → プラグイン側からのお知らせや、リンク先が英文になっているところはそのままです。
    部分翻訳になってしまう、リンク先が英文(フォーラムなど)、意図した内容を伝えられないかもしれない、という3つの理由で、訳してはみましたが辞めました。項目として英文が残っているのはソースの対応に不備があるようです。これも伝えておきたいですね。


コメントはまだありません

  1. Pingback: 今は使わないけれど、使ってみたい一覧 | 更年期Plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA