Clock

Post Expirator は、WordPress で投稿した記事やページの有効期限を設定できる、結構便利なプラグインです。

WPを構築する制作側だけでなく、構築したWPで更新するお客様側でも使うことの多いプラグインなので、日本語化ファイルを作ってみました。

追記 2013.04.03:バージョン 2.0.1 に対応しました。

ダウンロード: Post Expirator の日本語化ファイル(Version 2.0.1 用)

WPの翻訳ガイドラインには一応目を通して作りましたが、cron絡みのあたりとか、時々変な日本語や意訳しすぎじゃ?というところもあるかもしれませんので、お気づきの方は @mekemoke にご指摘いただけるとありがたいです。

追記:
ちなみに、9時間ずれちゃうよーって方は、

を function.php の先頭に入れるだけで解決します。

さらに追記:
コメントをいただいたとおり、WordPress が UTC を推奨している以上、date_default_timezone_set を安易に使うべきではないようです。上記が一番手っとり早い解決方法で、個人的には問題が起きていないのですが、慎重に対応する必要がありますね。じゃあどうすればいいのかという答えが見つかっていないので、あくまで暫定措置として。
参考:WordPress › フォーラム » WP-Cronが9時間遅れる


8件のコメント

  1. テストなう。ちなみに、date_default_timezone_set とかやっちゃだめよ。 http://t.co/OFyw2xeL

    Reply

  2. Pingback: 投稿記事の公開開始/終了時刻を設定する その2 | WordPress覚書 | Tetsuyan's Blog

  3. サンタマリア

    はじめましてー。
    post-expiratorの日本語翻訳ファイル、非常に有難い限りです。
    ただ、初心者すぎてファイルのダウンロード後の設定方法がわかりません・・・
    自分なりに調べて、翻訳ファイルの作り方は沢山情報があるのですが
    どこをいじると、日本語ファイルが反映されるのかでつまづいています。
    非常にお恥ずかしい&図々しいお願いなのですが、そのあたりを
    ご教授いただけると非常にありがたいです・・・・

    お忙しい中大変恐縮ですが、何卒お願い致します!

    Reply

    • Hijili Kosugi

      サンタマリアさん

      FFFTPなどのFTPソフトが必要になります。管理画面から設定することはできません。
      プラグインフォルダ(plugins)に post-expirator フォルダがあると思います。その中に languages というフォルダがあるので、そこにダウンロードした、拡張子が mo のファイルを入れてください。
      いかがでしょうか?

      Reply

  4. 日本語化ファイル、使わせていただきます。公開ありがとうございます!
    翻訳が2件残っていたようなので、自前で更新しました
    How to expire : 期限満了時の動作
    Single Event : 単独イベント
    ご参考まで

    Reply

  5. Pingback: 記事の公開期間を設定出来るプラグイン「Post Expirator」 | WordPressの学校

  6. Pingback: 記事や固定ページを期間限定公開することができるWordPressプラグイン「Post Expirator」 | TechMemo

  7. Pingback: キャンペーンに使えそう!記事を自動的に非公開にするプラグイン「Post Expirator」!

  8. Pingback: 【WordPress】指定期間内だけHPへイベント情報を表示したい | Masaoka Blog wp

  9. いつも業務で使わさせていただいて、大変助かっております!

    ところで、本家に取り込んでもらう予定は無いのでしょうか?

    Reply

    • Hijili Kosugi

      気づくのが遅くなりまして、すみませんでした。
      そういえばだいぶ本家も更新されてますね…
      一度、日本語ファイル作ったよ!と連絡したことはあるのですが、
      その後の連絡もなかったので、あきらめている状態です。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA