12. 6月 2012 · [Smarty] PHPの関数を修飾子として使いたい小技メモ はコメントを受け付けていません。 · Categories: WEB制作 · Tags: , ,

Smartyの修飾子でPHPの関数を使えるので、利用して面白かった小技のメモ。増やしたい予定。

Smarty で in_array を使う

PHP だと in_array($needle, $haystack) なんだけど、Smartyで第二引数を修飾子の方に持って行って、こうなる。

{if $needle|in_array:$haystack}

この “干し草の山の中から針を捜す” って表現、ちょっと好き。でも無駄骨を折るって意味はどうよ。

range で 数字を選択するセレクトボックスを作成する

個数を選ばせたい時などに重宝します。1~5とか、0~10とか。ただ、optionsで設定するとvalueが0から振られるので、1から設定したい時はoutputとvaluesに設定すること。

PHP だと range(1,5) なので、第二引数を修飾子の変数として使うから、こうなる。

{html_options name=”num” values=1|range:5 output=1|range:5}
{html_options name=”num” options=0|range:10}

preg_replace を利用する

PHPだと preg_replace(/<span>.+</span>/, ”, $text) なので、

{‘/<span>.+</span>/’|preg_replace:”:$text}

となる。あくまで第一引数に対して修飾子を適用するイメージ。


Comments closed